01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

えいがとんせいにっき

映画ミーハーのとてつもなく浅い世界

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

2011年度マイ・ベストテン 

2011年度の「ピンク映画」「外国映画」「日本映画」「アニメ」マイ・ベストテンを書いてみました。本当はとうの昔にこれらの順位(←ナニサマ)は確定していたのですが、最近パソコンを娘に取られぎみでなかなかアップすることが出来ませんでした。実はここ最近このへっぽこブログの更新がままならないのは、それ(娘にパソコン取られ)が1番の原因だったりします(笑)。

なお、自分の住んでいる田舎では、2011年度の新作ピンク映画は今のところ都市部の6~7割くらいしか公開されておらず、残り分は来年の頭くらいからドドドと公開されますので、ここに書きましたベストテンは"今のところのほぼ暫定ベストテン"といったところでしょうか(←ほんとナニサマ)。それにしてもピンク映画、元気なかったなぁ…。

さて、本年度は個人的に「ピンク映画」「外国映画」「日本映画」、どのベストワン級の作品も(もちろん最高に面白かったのは間違いないのだけれど)「死ぬほど愛しているか?」と問われれば「そこまでは…」と答えてしまいそうだという…。それほど突出した作品、狂おしいほど好きで堪らない作品にはついぞ出逢えなかったような気がします。全体的には面白度は高かったのですが。


片や一般公開作品ではなく、カナザワ映画祭で観た自主制作映画「へんげ」(監督:大畑創)や「炎628」、DVDで観た「ルームズ・フォー・ツーリスト」(監督:アドリアン・ガルシア・ボグリアーノ)には、トンカチで脳天をカチ割られるくらいの感銘を受けたものです。この2本は、その内容もさることながら多くの常識人(というか何というか)に「つまらない・カッコ悪い・子供っぽい・古くさい・ダサい」などと思われそうなこと(もちろん僕はそう思いません。カッコいいとしか思えない)に目を背けることなく真っ向からおもいっきり挑んみ、そして勝利している(評価されている)ところに頼もしさを感じるのです。…ボグリアーノが勝利してるのかどうかはよく分からんですが(笑)。

トンカチで脳天をカチ割られるくらいのショックという意味では「監督失格」(監督:平野勝之)もそうでした。あまりにもショッキングすぎて、思い出すだけで悲しいやら何やらで思わずベストテンから外してしまいました(小心者)。別次元においてのベストワンともいえます。

bestルームズ・フォー
 アドリアン・ガルシア・ボグリアーノ監督「ルームズ・フォー・ツーリスト」

bestへんげ
 大畑創監督「へんげ」

それから、全体的に…特に日本映画ベストテンの中にはおもいっきり叩かれた・酷評された作品なんかも紛れ込んでおりますのでご了承ください(何をだヨ)。

最後に。

2011年度は自分にとって遅れてきた「アニメ元年」とも言える年となりました。「イマドキのアニメなんて"萌え"だのなんだのキモいだけだろ~?」なんて偏見を少なからず持っていた(すいません!すいません!)自分としては、青天の霹靂ともいえる年であったと言えます。何がなんだかよくわからないけど今、深夜アニメが異常に熱い。まるで"萌え"だのなんだのを突き抜けた果ての桃源郷のような…。何度泣いたり笑ったりと一喜一憂したことか。はて、いつの間にこんな凄いことになっていたのだろう?と試しに去年のアニメ(人気)ベストテンみたいなのを検索してみたところ、ど~も去年は今年よりかなり薄味なラインナップに見受けられました…。もしかして今年から大爆発したの?なんて勝手に思い込んじゃってマス(ま、決してそんなことはなく「お前が知らないだけだバーカ!」って怒られちゃいそうですが)。

以下、本年度個人ベスト作品です~。お目汚し失礼。
※各作品についての感想云々はまったく書き込んでおりませんっ


■2011年度放送アニメベストテン
bestFate.jpg
 10位「Fate/Zero」

best境界線上の
 9位「境界線上のホライゾン」

best電波女
 8位「電波女と青春男」

bestピンドラ
 7位「輪るピングドラム」

bestベン・トー
 6位「ベン・トー」

bestあの花
 5位「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」

bestgdgd.jpg
 4位「gdgd妖精s」

best日常
 3位「日常」

bestまどか
 2位「魔法少女まどか☆マギカ」

bestシュタゲ
 1位「シュタインズゲート」



■2011年度封切ピンク映画ベストテン
best多淫な人妻 ねっとり蜜月の夜
 10位「多淫な人妻 ねっとり蜜月の夜」(監督:後藤大輔)

best母娘(秘)痴情 快感メロメロ
 9位「母娘マル秘痴情 快感メロメロ」(監督:渡邊元嗣)

best兄嫁の肌は熱く甘く
 8位「兄嫁の肌は熱く甘く」(監督:国沢☆実)

best変態しゃぶり牝
 7位「奴隷飼育 変態しゃぶり牝」(監督:山崎邦紀)

best夢タッチ
 6位「痴漢電車 とろける夢タッチ」(監督:竹洞哲也)

best発情花嫁 おねだりは後ろから
 5位「発情花嫁 おねだりは後ろから」(監督:荒木太郎)

bestいんび快楽園 感じて
 4位「いんび快楽園 感じて」(監督:池島ゆたか)

bestとなりの人妻 熟れた匂い
 3位「となりの人妻 熟れた匂い」(監督:後藤大輔)

best色恋沙汰貞子の冒険 私の愛した性具たちよ2
 2位「色恋沙汰貞子の冒険 私の愛した性具たちよ」(監督:山内大輔)

best囚われの淫獣
 1位「囚われの淫獣」(監督:友松直之)



■2011年度劇場公開外国映画ベストテン
bestビー・デビル
 10位「ビー・デビル」

bestCARS 2
 9位「カーズ2」

bestアジョシ
 8位「アジョシ」

best ミッション8ミニッツ
 7位「ミッション:8ミニッツ」

bestMORNING GLORY0
 6位「恋とニュースのつくり方」

bestBLACK SWAN
 5位「ブラック・スワン」

bestmission-impossible-ghost-protocol.jpg
 4位「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」

bestSKYLINE.jpg
 3位「スカイライン-征服-」

bestキラー・インサイド・ミー
 2位「キラー・インサイド・ミー」

bestPiranha_3D.jpg
 1位「ピラニア3D」



■2011年度劇場公開日本映画ベストテン
bestとある飛空士への追憶
 10位「とある飛空士への追憶」

best恋の罪
 9位「恋の罪」

bestハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
 8位「劇場版 ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH」

best大鹿村騒動記
 7位「大鹿村騒動記」

best電人ザボーガー
 6位「電人ザボーガー」

best奇跡
 5位「奇跡」

bestけいおん!映画
 4位「けいおん!」

best死にゆく
 3位「死にゆく妻との旅路」

bestもしドラ
 2位「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」

best冷たい熱帯魚
 1位「冷たい熱帯魚」



以上です!
スポンサーサイト

Posted on 2011/12/30 Fri. 12:25 [edit]

映画  /  TB: 0  /  CM: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。