04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

えいがとんせいにっき

映画ミーハーのとてつもなく浅い世界

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

アンドレア・ビアンキ「マラビンバ」(1979) 

マラビンバ (1979)
監督:アンドレア・ビアンキ(「ゾンビ3」)
出演:Katell Laennec、Patrizia Webley、Mariangela Giordano

マラがビンバ!ってなくらいですから、ロクな映画ではないと思われそうですが、そのとおりです。

本作は世にはびこる大量の「エクソシスト」のパチもん映画(伊)の1本なのですが、悪魔(霊)に取り憑かれたいたいけな少女が淫乱になるというところがミソです(こう書くとあんましオリジナルと違いないがな)。下ネタに終始しているところが潔いゾ。

================================================

<途中までネタバレあります>

とあるお屋敷で怪しげな降霊会が・・・

マラビンバ (01)

あっさり霊降臨。降霊会に不参加で自分の部屋でクマのぬいぐるみと寝ていた少女ビンバ(笑)に淫乱霊が!

マラビンバ (02)

 以後、純粋無垢だったビンバは淫乱な行動を繰り返すようになってしまう。

マラビンバ (03)
 夜な夜な、大人の性生活を覗き見

マラビンバ (04)
 ぬいぐるみを使ってオナヌー

マラビンバ (05)
 実の父にベロチュー

・・・

「たいしたことしてねぇーじゃねーか!」と思われそうですが(笑)、他にもパーティー会場でマッパになったり(マ○毛が映ってるのでいちおキャプ断念w)、猥雑な言葉を吐き散らしたり・・・

そして、、、とうとう一線を超える時が・・・(何基準だよ)

ある夜、ビンバは足の不自由な叔父さんの部屋へ・・・

マラビンバ (合体)


ビンバ、そして一族の運命や如何にーー!!!!?

================================================

すんごい いい映画です
スポンサーサイト

Posted on 2011/04/04 Mon. 20:16 [edit]

色情狂ライフル魔 (1970) 

色情狂ライフル魔 (1)

色情狂ライフル魔 (1970)
監督:リー・フロスト(クレジットではレス・エマーソンとかいう変名だった?)
主演:マイケル・スターン

■2009年02月10日00:35

例によってPブスさんが「傑作!傑作!観て!観て!」とプッシュしまくるものですから鑑賞。

・・・

これは確かに傑作でしたけど・・・極極ノーマルな映画愛好家の僕にコレを大プッシュするPブスさんの気が知れません(笑)。

どんな映画なのかと申しますと、主人公のマイケル・スターンがちんちん立たーん(インポの)ベトナム帰還兵で、SEXしたくても出来ないから八つ当たりでヤってる最中の男をライフルで撃ち殺す・・・という内容。とにかく全編に渡ってチンコ、マンコ(マン毛)、オッパイ、ファック&ファックの連続で・・・その描写が本当に執拗でして・・・まぁそこが面白いんですけどw・・・。その中でも特にプールの中でセックスをする水中ファックシーンが印象深くて、どーもその筋の方にはタマラナイ作品のようです(名前は忘れましたけど、ちゃんとこういう映画のジャンルってのがあるんですよね)。ヤってる時の音楽もダァーーーーン・・・ってなんか幻想的で・・・なにがなんだかw

改めてあらすじ:
ちんちん立たーんマイケルは、セックス最中の男のドタマをライフルで撃ち抜くのが生き甲斐。ある日、立たなくてもエッチな気持ちは忘れないマイケルはストリップバーに出かけます(このストリップシーンだけで10分はあったような・・・60分弱しかない映画なのにw)。

色情狂ライフル魔 (2)

そこでスーザンという踊り子に一目惚れしたマイケル。スーザンをデートに誘うもアッサリと断られたのでしたが、お情け(?)でスーザンの自宅で開かれるパーティに招待してもらいました。パーティは当然(?)乱交パーティー(水中ファック!)なのですが、マイケルは見せつけられるだけ見せつけられて蚊帳の外です(泣)。

色情狂ライフル魔 (3)

プンプンになったマイケルは裏山に回り、スーザンとヤってた絶倫野郎のドタマを撃ち抜きます。パニくるスーザン。

・・・その夜・・・マイケルは夢を見たよ

スーザンとマイケルが水中ファックをしている夢(しかも延々と)・・・
よっぽど羨ましかったんだね(涙)

色情狂ライフル魔 (4)

しかし、その夢は悪夢に変ります・・・。なにか嫌な予感・・・

次の日、マイケルは件のストリップバーにまた出向きますが、スーザンはショックでお休み(当り前じゃ!)。さらにざーとらしくスーザンの家に行き、優しい言葉をかけます。少しグラっとくるスーザン(単純)・・・。「後でまた来て・・・」

「後でまた来て・・・」と言われたのに待ちきれないマイケルは、ライフルのスコープでスーザン宅を覗きます。スコープ越しに見えたものは・・・何故か女友達とレズ行為にふけるスーザン(元気やんけ!)。

・・・とここまで書いて「あらずじ」どころじゃなくなっていることに気がつきました(笑)。

残りはいつの日かTV放送された時にでも・・・(されねーよ!)

色情狂ライフル魔
 男と寝るなんて不潔だ!!!!!


おわり

Posted on 2011/03/31 Thu. 21:06 [edit]

ジャン・ローラン「THE IRON ROSE」(1973) 

■2008年07月17日の日記より

方向音痴の初デートカップルが真夜中の霊園で迷子になる…ただそれだけの映画。しかしそれが大好きすぎてもぅ死にそう。

IRON ROSE (11)

THE IRON ROSE (1973)
監督:ジャン・ローラン

ぼくがフランスの映画監督の中で一番好きな監督、ジャン・ローラン様。これまで(2008年7月17日の時点で)自分のマイ・ローラン・フェイヴァリットは「血に濡れた肉唇」だったのですが、これはもう・・・それを抜いちゃったかもです。

IRON ROSE (1)
IRON ROSE (2)

〔あらすじ〕
あるパーティーで知り合った男女が次の日曜日に自転車デートをします(平和だなー)。

IRON ROSE (3)

疲れてきたので休憩に入った場所が共同墓地(霊園)。

IRON ROSE (4)

最初は「やだー」「こわーい」とか言ってた2人ですが、だんだん面白くなってきてそこでお菓子を食べたりセックスをしたりしてそれなりに楽しみます。

IRON ROSE (5)

気が付くと夜になっていました。夜と昼とでは霊園の様子がどこか違って見えます。2人は出口が分らなくなり、外に出られなくなってしまいます。

IRON ROSE (8)

そして不安と恐怖のためでしょうか、2人(特に女の子=ノーブラボイン)はだんだんおかしな行動をとり始め・・・

IRON ROSE (7)
 アヒャヒャー

・・・・

みたいな感じだと思うのですが、なんなんでしょうこのシンプルさ!

IRON ROSE (6)
 魅惑の片乳破れ

この映画を紹介しているサイトでも"大きな場所で道に迷う方向感覚に欠けるカップルを単に描写しただけの映画"とあります。

IRON ROSE (9)
 なんだか同じ場所をぐるぐる回っているような気がする!

IRON ROSE (10)

こんな最高な映画、なかなかありません!

ただでさえ"昨日見た夢をなんとなく映画にしてみました"的な映画ばかり撮っているローラン。本作はそれの究極なのではないでしょうか?僕はその詩情にますますメロメロなワケです。

万歳!万歳!

ワーイ


おわり

Posted on 2011/03/22 Tue. 23:01 [edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。