05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

えいがとんせいにっき

映画ミーハーのとてつもなく浅い世界

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

友松直之「濡恥妹」(2011) 

友松イベ(妹05)

濡恥妹 (2011)
監督/脚本:友松直之
出演:愛音まひろ、津田篤、上原優

お義兄ちゃん・・・マユカ、初めてだから・・・優しくして・・・許されない初恋の相手・・・それは---禁断の愛の物語、誕生!

「華麗なるエロ神家の一族 深窓令嬢は電気執事の夢を見るか」の愛音まひろ(2009年4月に『新人デビュー』(ミリオン)でデビューした、ロリ系のAV女優である:Wikipediaより)が友松直之監督と再度タッグを組み、その"俺の妹"的魅力を全面に押し出した義兄妹もの。血のつながらない妹に愛音まひろ、お兄ちゃんはイマドキのピンク映画ファンならまず知らない者はいないであろう人気若手実力派俳優・津田篤。この2人を配し、徹頭徹尾、首尾一貫してこのテのストーリーのお約束をこれでもか、これでもかと展開してゆく。

友松イベ(妹02)

「お兄ちゃん…○○だよ」…。そういった台詞にしろ2人のヤリトリにしろ、なにしろ思いっきりステレオタイプでドベタで、観ているだけで顔が真っ赤になってくるというか、歯が浮いてくるというか、ヘソで茶を湧かすというか、穴かあったら入りたいというか、とにかく精神的に無傷ではいられない。

友松イベ(妹01)

物語の展開としては、前半に(これまたお約束的)ギクシャクした胸キュン・萌え展開がありの、津田篤十八番の"情けない男の"情けなエロい見せ場がありの…そして比較的早い段階で「実は昔からお互いの事が好きだった」という意志確認がありの…で、早々に兄と妹は結ばれる。すれ違いとか勘違いとかいったストレスはほぼ皆無。ちなみに、当然のお約束だが妹はバージンである。なんなんだこのお家芸の畳み掛け。義兄妹ものの歌舞伎みたいなものか(笑)。昔から好き同士だった兄妹がいよいよ満を持して結ばれる、さらには妹のほうは初体験だということで、その喜び・興奮は唯事ではなく、2人はヤリまくる…そして映画はあっさり終わるw

エェェ~!

見ている途中でなんとなく、あくまでなんとなく「それにしてもこのHシーンけっこう長いな…」とは思っていた。この"いつ果てるかも知れない感"…兄妹萌え萌え版「愛のコリーダ」かよ!…なんてなんて。しかしいくら長いといっても、せいぜいまだ(映画が始まって)40分くらいだろうな…とか思ってたらいきなり終わった(笑)。

※以上は自分の体感であり、後でチェックしてみたところ実際に2人が結ばれたのは映画開始40分辺りだった。Hシーンは残り20分ということか。どんだけ体感時間狂わされてんだよ俺w

オチのほうも「それでどうなるんじゃーい!」「大丈夫なんかーい!」とツッコミたくもなる、ある意味ジョン・カーペンター映画的な突き放された余韻だ(笑)。

友松イベ(妹03)

…なんというか、考え過ぎなのかもしれないが、本作がすごく実験的な作品に思えたのは僕だけだろうか?(笑)←笑っとるがな

義兄妹ものにありがちなお約束を盛り込み過ぎて、逆に(?)不自然でいびつに思えてくる世界観。いくつかの回想・イメージシーンは含むものの、とことんヤる兄妹を追うだけの後半の展開。セックスシーンばかりとはいえ、いわゆる"物語性のあるエロビデオ"みたいなものとも違う、普通なようで、なんだか普通じゃない映画となっている。なんだかよく分からないけれど、確実に言えるのは、エロとして一級品であるということです(笑)。個人的に愛音まひろちゃんに琴線触れまくりであったためとも言えますが。

友松イベ(妹04)
大好きなお兄ちゃんとやっと結ばれた喜びと初体験の興奮で感情が高ぶり、涙するマユカ。本当に涙をポロッと流す(もしかすると目薬を差してから撮影したのかもしれませんが、それでも自然なカンジだった)。言い方は悪いけれど、まさかこのような超低予算エロVシネでこんな感動的な演技を拝めるなんて…思ってもみませんでした。ツインテールってのもイイよなぁ…。

愛音まひろバンザーイ!


おわり
スポンサーサイト

Posted on 2011/12/23 Fri. 02:45 [edit]

友松直之  /  TB: 0  /  CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dyotonsei.blog39.fc2.com/tb.php/44-071b69b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。